Education in Perth means enjoying our city! Start here for information on accommodation, transport, climate, money, insurance and healthcare.

滞在施設

学生用の滞在施設

パースには留学生の多様なニーズに対応できる様々な滞在施設があり、留学プログラムや学校の場所に応じて多くの選択肢を用意しています。学生用施設はどれも質が高く、予算や条件に合った施設があります。

An approximate guide to accommodation costs are below:

Hostels and Guesthouses $80 to $135 per week
Shared Rental $70 to $250 per week
On campus $80 to $250 per week
Homestay $110 to $270 per week
Rental $100 to $400 per week
Boarding schools $10,000 to $20,000 a year

NOTE: All costs are per year in Australian dollars.

Source: http://www.studyinaustralia.gov.au/global/live-in-australia/living-costs

私にはどんな施設が合っていますか

中高生であれば、オーストラリア人の家庭にホームステイするか、学校の寮に入る必要があります。18歳以上であれば、学内にある寮やホームステイを利用するか、他の学生や友達と一軒家やアパートをシェアすることもできます。

滞在施設はどのように探せますか 

留学先の学校が、滞在先探しや賃貸・テナント契約などのサポーをトしてくれます。

学生対象の掲示板や新聞に、部屋やアパート、賃貸住宅の広告がよく出ています。中にはウェブサイトに空き室情報を出している学校もあります。

REIWARealestate.com.auGumTree などのウェブサイトは、賃貸情報を探すのに役立ちます。

ホームステイ 

滞在期間中または短期間、オーストラリア人の家庭で生活します。英会話を学ぶにはぴったりです。気さくな西オーストラリアのライフスタイルや文化を直に体験できます。

一人部屋と相部屋があります。基本的には食事込みですが、もう少し手ごろな自炊式ホームステイもあります。誰かの家で暮らすのですから、特に共有部分など、使った後はきちんと片づけましょう。

ボーディングスクール(寮制学校) 

私立の中学・高校であれば、多くは留学生用の食事と洗濯込の寮があります。寮費は授業料とは別です。男女で分かれており、大人の管理者がついています。

キャンパス内の滞在施設 

西オーストラリア州にある5つの大学と一部の専門学校では、正規の学生にアパート、寮を備えたカレッジ、学生寮など、様々な滞在施設を用意しています。

学生寮はキャンパス内か近くにあります。一般には、共有のリビングに台所のついた6部屋程度の施設です。寮費には清掃サービスが含まれ、食事を出している施設もあります。

寮を備えたカレッジは多少高めで、食事付きになります。スポーツ施設や交流施設、個人指導、図書室やコンピュータールームが併設されているところもあります。

一軒家、アパート、部屋を借りる 

自分の家を借りる 

完全に自由な暮らしがしたいなら、家を借りて他の学生や友達と生活費を折半してもよいでしょう。賃貸物件については、西オーストラリア不動産協会(REIWA)のウェブサイトやパースの地元各紙に広告が出ています。

他の首都と同様にパースの賃貸市場も競争が激しく、よく調べて予算を確保したうえで物件を探す必要があります。ほとんどの物件は家具付きではないので、家電製品、家具、寝具類、台所用品は買わなければならないでしょう。基本的には4週間分を前払いし(保証金)、電気・ガス・電話・インターネットの接続費用を負担する必要もあります。

部屋を借りる

家を借りて前払いする余裕はないという場合は、部屋を借りることを考えるとよいでしょう。学生や一般家庭が自宅やアパートで家具付きの空き部屋を貸していることも多くあります。自分で家を借りずに独り暮らしをするのにぴったりです。

www.Flatmates.com.au

ユースホステル 

ホステルには個人やオーストラリアユースホステル協会(YHA)などの組織が運営するところがあります。一人部屋と相部屋があり、台所や風呂トイレは共用です。パースには私営のユースホステルもあります。

女性/男性専用の滞在施設 

寮制学校や学生寮では、同性の学生との相部屋となります。他の滞在施設では、男女いずれかの専用施設を希望するか明確にする必要があります。